セコムの口コミや評判ってどうなの?

セコムのホームセキュリティの具体的に評価しました!

セコム

 

TVCMでお馴染みのホームセキュリティ業界でシェアNO1の会社はセコムですが、今回は、その理由や根拠を口コミと評判、そして機器の解説を交えながら具体的に解説していきます。

 

初めに知っておきたいセコムの簡単な基本データ!

 

緊急発動拠点 全国2800カ所
基本サービス 防犯・防災・救急
オプション 防犯グレードアップ・見守り・監視サービス
最低月額料金(税抜) 4,300円
契約件数 約200万2,000件
創業 1962年
公式ホームページ http://www.secom.co.jp/

セコムの評判と口コミをまとめて解説しました!

 

セコムのホームセキュリティの評判

 

セコムの評判

 

総合評価で言えば、シェア率が高いだけあって、世間の目線は良いとされています。料金が他社に比べて割高というのも多く見受けられるが、結局は「セコムが一番安心できる!」 という利用者が多かったです。

 

では、その理由について具体的に言うと約54万人の警備員数や2830か所の待機拠点数(全国47都道府県)がホームセキュリティ会社の中でダントツでナンバー1というのもありますが、それだけではありません。

 

自社でシステムを一から作り上げてるので、外注を使った企業より、システム情報が漏れにくいのも一つ。子供や高齢者でも使いやすい液晶コントロールパネルやオプションではありますが、タブレット操作できる子機、他にも警報機器も他社よりもワンランク上です。

 

参考までにセコムの一貫責任体制の流れをまとめると、、。

 

  1. 研究・開発(IS研究センター)
  2. 機器製造(セコム工業株式会社)
  3. セキュリティプラニング(全国セコムショップ/事業所)
  4. 機器取付工事(テクノ事業本部)
  5. 監視(コントロールセンター)
  6. 緊急対処(緊急発進拠点)

 

こんな流れですべてセコムグループになっています。

 

常に最新の機器で対応する分、警備員さんがかなり努力して毎年更新されるシステムを苦労して覚えているそうです。

 

こういった質の高い防犯力で泥棒を絶対に侵入させないというブランド力や設備から料金設定も他社と比べるとやや高めになっています。しかし、ITが進化したおかげか10年前の価格と比べてかなり割安になったものです。いよいよ、総セキュリティ時代の幕開けがきたのかなっと思います。

 

イギリスなんかでは、家の設計段階からホームセキュリティを意識するのは当たり前になってますからね。日本は、やや遅れ気味です。

 

関連記事:大手7つのホームセキュリティを徹底比較した!

 

セコムの口コミ

 

セコムの口コミ

 

ステッカーの効果と解除ボックス、音声案内が使いやすい!

 

セコムのマークは外国でも知名度が高いので、ステッカーは日本人・外国人問わず犯罪防止効果があるということだった。 コントロールパネルからでる音声で使い方を案内してくれるし、解錠方法が暗証番号でなく、安易に偽造できないライフカードなので高齢者でも安心して簡単に使えています。

 

ステッカーについては、泥棒が犯罪をやめようとするきっかけの一つになる場合があると調査結果にでています。解除方法は、専用キーと暗証番号どちらが使いやすいか賛否両論ですが、忘れっぽい高齢者は、キーのほうがいいかもしれませんね。うちの母もあらゆる暗証番号を覚えてもすぐ忘れてしますので困っています、、。

 

セット解除操作は、専用ボックスがあるので、コントロールパネルから離れた場所でできるのが好評でした。意外ですが、他社のベーシックプランにないシステムです。大阪ガスセキュリティのアイリスは、こういうのを新しく開発したそうですが、、。

 

次の口コミを調べると、、。

 

満足しています、、。

 

対応、スピード、品質どれをみても一番良いと思う。 アフターフォローもしっかりしています。

 

スピードは、発信拠点によるので他社と比べて、どうとは言い難いですが、セコム専用のGPSであるココセコムを使っているので、緊急事態が起きた家に一番近い警備員が駆け付けることが可能です。機器の品質は、コントロールパネル、遠隔のセット解除ボックス、キャンセルボタンを中心に群を抜いています。

 

また、窓の防犯対策のワイヤレスマグネットセンサーとガラスセンサーの2重防備に加えて、手薄になりがちなお風呂では、防水のワイヤレスマグネットセンサーの設置、防水の旧ん急ボタン(マイドクター)など業界でも高水準の機器になっています。

 

助かりました、、。

 

機械の操作ミスで警報を発令させてしまいましたが自宅まで駆けつけてくれて操作の案内をしてくれました。 操作ミスでの訪問だったので料金が発生するかもと思って不安でしたが料金等も発生せず助かりました。これからもホームセキュリティはセコムさんにお任せしようと思います。

 

在宅時の駆けつけは、大手の他社でもほとんど無料です。よくあるの落とし穴が、安い月額料金だけど外出時に出動を要請した場合、お金が発生するので基本は、自分で対応するプランです。自警を中心に考える男性ならいいのですが、女性の場合、緊急信号がきても、パニックになってしまうため、プロの警備員が対応してくれるプランがおすすめです。

 

怒!

 

セコムをしていても泥棒に侵入された!高いお金を支払っているのに腹が立つ!

 

もし、セコムのホームセキュリティに加入していて、被害に遭った場合、被害に応じて保険の支払いを受けることができます。簡単な表にまとめました。

 

盗難保険 補償の限度額 自己負担
現金・貴金属・美術品など 50万円 1事故につき5,000円
家財 200万円

 

建物の損害額 見舞金
100万円以上 100万円
10万円以上、100万円未満(10万円未満は不適用) 損害額の範囲内で、かつ、10万円単位の支払い(10万円未満は切り捨て)

 

基本的に、ホームセキュリティは泥棒に侵入されにくいシステムと犯罪の早期発見を目的になっていて、警察とは違う役割をしています。

 

だから、自分の防犯意識を高めること、システムによる防犯対策をすることの両方を兼ね備えて防犯効果を高めることができるので、その辺を理解して判断・導入するといいです。

 

また、近くにセコム以外の他社の警備会社の拠点がある場合は、緊急時に早く駆けつけてくれる可能性が高いので、セコムに拘らずそちらも検討すべきです。

 

無料でセコムの資料請求ができる公式ページ